本来の着付け、正しい着こなしとは

振袖を着て苦しい思いをした方や、着物の着付けに時間がかかった方、着つけが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

本格的な着付けを学んでおけば、これらの悩みを感じることもなく、楽しい着物ライフを満喫できますよ。

着付けでは、骨や臓器の上を圧迫するように帯や紐を結んでしまうと苦しいと感じてしまいますので、位置に気をつけて結ぶようにしましょう。

道具の位置もしっかりと整えないと、帯が崩れてしまったり綺麗に見えないので、みっともないですから背中側にも気を配って着ると良いですよ。

着物を着る前の準備が大切で、着物で使う道具などは着る前に手の届く範囲に置いておくと着替えやすいですし、効率の良い手順を学んで順番通りに着ていくことで簡単に着られます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る