着物の着付けをする上で必要なアイテムとは?

着物を着付けるなら、どんなアイテムが必要になるのでしょうか?

まず必要なのは肌着と長襦袢と裾除けですから、着物の下に着るインナーを用意しておきましょう。

タオルは補正としてあると便利ですし、腰紐は襦袢にも着物にも必要なため数本ほど用意しておき、コーリンベルトも着付けの補助として使えて着崩れ予防にもなるため活用すると良いでしょう。

衿芯は着物の衿の形を整えるために必要ですし、帯板は通常の板のような形だけでなくゴムで留められる便利なタイプも登場していて使い勝手が良いですよ。

足袋は、フォーマルな場所なら白色が基本ですが、カジュアルなシーンであれば色も柄も自由に着られます。

伊達締めも襦袢と着物用に2つ必要になりますので、好きな柄や色の物を揃えておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る