男物と女物の着物、どんな違いがあるのか?

着物は女性物と男性物がありますが、どんな違いがあるのでしょうか?

女性物の着物はお端折りがあり、長さを調節できるので身長にかかわらず工夫次第で着付ける事ができますよ。

脇の部分に身八つ口という穴が開いていたり、袖部分には振り八つ口という穴があり、通気孔としての役割があるだけでなく、着崩れ対策にもなるのです。

帯の位置はウエストの辺りになるため、着付け次第では苦しいと感じるかもしれません。

男性物の着物は対丈があり、女性物のように長さを調節する事なく着付けられるので女性物よりも着付けが楽なのです。

女性物のような身八つ口や振り口がなくて、帯の位置は腰骨の辺りになるため帯が苦しいと感じにくいでしょう。

着物を着付ける際には、女物と男物の違いを確かめてみてはいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る