袋帯には種類がある?どれを選べば良いのか

袋帯は幾つか種類がありますが、着物に合う袋帯はどれを選べば良いのでしょうか?

金糸や銀糸、金箔がたっぷり使われていたり、柄が大きくて格調高いデザインのギラギラした袋帯は、主に振袖や留袖などの格の高い着物に適していると言えますよ。

金糸や銀糸が控えめに使われていたり、光沢のある生地や格調高いデザインでキラッとしている袋帯は、フォーマルなシーンにも適しているので訪問着や色無地、江戸小紋や付け下げなどの着物にも合うでしょう。

カジュアルな袋帯は金糸や銀糸が使われていないためフォーマルのシーンでは適していませんが、小紋や紬など日常生活のカジュアルなシーンで着物を着たい時に適しているのです。

金糸がたっぷり使われているフォーマルな袋帯は目を引きますが、使うシーンはあまり多くないのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る