袋帯で銀座結びを結ぶ方法

袋帯の結び方にはいろいろありますが、今回は銀座結びの方法を紹介いたします。

仮紐を使って結んでいきますが、手先はウエストを目安にして名古屋帯より長めに決め、一巻きして軽く締め、前帯をずらしながら二巻き目に帯板を入れましょう。

二巻きしたらもう一度しっかり締めて、手先を肩から後ろ側に外して、背中心までずらし、左手で手と胴に巻いた帯を一緒に抑えつつ、右手で帯を折り上げ仮紐で抑え結んでおきます。

タレの幅を広げ、手先をタレの下に置き紐で抑えますが、バランスや好みにより若い人は少し上に手先の位置を変えても良いでしょう。

お太鼓山を決めたら、背中へシワが寄らないように折り上げ、帯揚げは4分の1の幅に整えて、バランスを確認しつつ手先を少し浮かした状態で整えます。

タレを内側に持ち上げて、お尻を目安に紐で抑え、次に銀座結びのお太鼓を作りますが、帯締めを通してお太鼓の大きさを決め、折りたたんで長さを整えます。

その後は前側で紐など全体を見て整え、お着付けの仕上がりです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る