着付け前の準備、補正で着姿を綺麗にしよう

着物の着付けで綺麗に見せたいなら補正を行うのがオススメですから、タオルなどを活用して補正を行いましょう。

タオルを1枚用意して三角形に折り畳み、もう1枚タオルを用意して最初に折り畳んだタオルを包み、さらにもう1枚のタオルはテープなどで固定しておきましょう。

4枚目のタオルは襟元が綺麗に見えるよう斜めに折って、補正下着の上から入れてテープなどで固定し、デコルテの部分に窪みができないよう襟元のラインを補正するのです。

最初に作ったタオルは胴回りに巻いて補正を行い、テープなどで固定して胴回りが綺麗に見えるよう整えましょう。

小さなスペースを補正したい場合には、タオルだけでなくコットンも活用するのがオススメですから、着物を着る前の補正もきちんと行いましょう。

https://youtu.be/gzAxSe1A56k

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る