有名な結び方、貝の口の作り方

半幅帯の結び方で昔から親しまれている有名な貝の口の結び方をご紹介いたしますので、ぜひ普段着物の参考にしてみてはいかがでしょう。

半幅帯を用意したら、手先を半分に折って体に1周ほど巻き付けていき、手先の長さを調節しておきましょう。

もう1周ほど帯を巻いていきますが、どの帯も基本的に2回巻くのが一般的であり、帯結びの方法によっては3回巻く場合もあるそうです。

帯の下側を持って、上へと引き上げるようにギュッと締めたら、形を崩さずに締めることができますよ。

垂れを結ぶ前に、手先より少し長いくらいまで折り畳んでおき、帯を持ちつつ下から上へと通して締めますが、シワにならないように畳むように帯を整えて、垂れに手先を入れるような形が完成です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る