袋帯の結び方

袋帯は2重太鼓に結ぶのが一般的です。名古屋帯よりも帯が長いので、おたいこの部分で帯が2重になります。改まったお茶席に出席になるときは袋帯を締めることが多いので、しっかりとマスターしておくと良いでしょう。
また、使用する仮紐は2本で、帯の手先を胸にあずけ水平になるようにひと巻きします。

右手で帯を持ち、手先を左腋まで戻し、帯の高さと位置を確認し、シワ等を伸ばし、一締めします。
帯のシワを伸ばしてから帯板をいれます。帯を平らに調えながら巻いてひと締めします。

背中心を内側に斜めに織り上げ肩にあずけます。手を背中心まで戻して、真下におろします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る