草履の上手な選び方

女性用の草履では形は一緒ですが、色や光沢感が違っていることが分かります。女性用の草履を着物屋さんが選んだ種類は8種類ありますが、1人の人が全てに脚を通す可能性はかなり高いといわれています。1人15足もっている方もいらっしゃるそうです。

着物合わせるだけでなくどういう順番かと言いますと右の光沢を帯びているものは礼装用です。青いものにおいては右ほどではないけど光っています。
草履には書くというものがあり、格が高いものほど余所ではいていくもので、左に行くにつれて普段着履きになっていくということです。

しかし、それは指標といったもので絶対ではないとのことですが、近い考えはあるとのことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る