たすき紐を作る

たすき紐を作っていくにはまず布地を用意します。着物の布地は耳もそのまま使うことが出来ます。そして布地は盾に切っていきます。

5cmはばで端からとっています。
まずは肩幅にあわせて長さを決めていき、切っていきます。アイロンでよれている部分を治します。

切っていた布を5cmほど織り、縫っていきます。両面をおりまげ、アイロンをかけていきます。縫っていく前にアイロンをかけるという工程は非常に重要でまちばりをする回数も減っていき、綺麗につくることがでいます。

5cmほどで縫いますと、ほどよく細いたすき紐を作ることが出来、脇の隙間にごと付くことなくおすすめです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る