正絹の着物の洗い方

正絹や絹で出来た着物は縮んでしまうので、水洗いは基本的にはやってはいけないものとさえています。しかし実際には過程で選択をされている方もいらっしゃいます。
溜めた水に洗剤を適量まぜ溶かし、着物を静かに鎮めて尾市洗いしていきます。そして脱水をすることなく乾かすことが大事です。

絹は縮むときに縦方向に縮む事が多く脱水を無理にかけてしまいますとシワと縮みの原因となってしまうことが多いです。
乾かすとには日光を避けて風通しの良い日陰で干すようにします。

古くは着物のお手入れには洗い張りという張りという板に貼付けて乾燥させる方法をおこなっていました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る