着物の着崩れを最小限にする方法

着崩れしにくい着物の着方、綺麗に見えますので、知っておいて損はないでしょう。

まず、着崩れ防止の為、胴にタオルを巻いて補正します。着物を羽織り、上前と裾線の位置を決め、そのあと下前を決めますが、その際は、上前より7〜8cm高めにセットします。上前を重ね、腰紐は藤結びで締めると固定されますよ。

脇の下に空いている穴、身八口から手を入れて中の生地が皺にならないように前を整え、後ろも整えます。両手で袖元を整え、鎖骨の間を隠すように衿を合わせ、バランスを整えたら、胸の下で紐を藤結びで結び、おはしょりを手で整え、帯を結ぶ前に伊達締めをします。そして、クリップや洗濯ばさみ等を使って、丁寧に巻き、結び目は胸の前で作り、整えてから結び目を後ろにします。

最後に、帯が緩んでもだらしなく見えないように結び目を隠し、皺になりにくくするために帯板をいれたら完成です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る