着物の着用方法

最近では、若者の間で着物が人気になっていますし、普段のお洒落に取り入れられると素敵ですので、着物の着付けの方法を理解しておいたほうがいいでしょう。

まずは、着物や腰紐、前板やマジックベルトなど、着物を着るための基本道具を用意して、和装用の下着である襦袢を着用して準備しておきましょう。縫い目を片手で持ったら後ろ側に持っていき、縫い目を持ちながら体に沿わせるように羽織ると綺麗に着用できるそうです。

着物と長襦袢の袖を合わせたら、裾を持ち上げて、上前と下前を重ね、腰紐は腰骨の位置を通り、背中側で交差させるように締めましょう。

衿や衿抜きは着ている内にズレるものですから、その都度、着崩れ等を直すようにして、着物のお洒落を楽しみましょう。着物を自分で着れると便利になりますので取り入れてみてはいかがですか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る