椅子の座り方

着物のマナーとして、振る舞いは沢山ありますが、椅子の座り方はとても重要だそうです。座布団よりも座る機会が多いので、今回は椅子の座り方について紹介します。

振袖の場合、袂を揃えて持ち、両袖を揃えます。椅子に座る時はゆっくりと斜めに腰掛けると楽に座れますよ。帯を崩さないようにするために浅く腰を掛けましょう。座ったら、袂を重ねて膝の上に置きます。荷物等を後ろに置くと、とてもコンパクトになりますよ。

飲食時に物を取る場合は片方の手で袖口を抑えます。抑えることで二の腕が顕にならない他、袖口を汚さないように出来ますよ。食事する時も平和に食事ができ、綺麗ですので、椅子の座り方もきちんとしましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る