和装での座布団の座り方

着物着ることで、普段とは違って、立ち振舞が変わることはご存知ですが、座布団の座り方はわからない人はそれなりにいるかと思います。

座敷で座る時は、座布団の上に立たないようにしましょう。座布団の上に立つのは椅子の座面に立つのと同じです。

正しくは、座布団の手前に膝を置き、にじり寄ります。この時、手の平が汚れないように軽く握るといいですよ。動きながら、座布団の上で滑るように向きを変えます。足を崩す場合はお連れ様に一言添えるといいそうです。

和室での座敷の座り方は洋服でも着物でも一緒らしいですので、この座り方も学んで、きちんと振る舞えるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る