着崩れした時の直し方

着物は着ていて、普段着とは違うので、着崩れが目立ちやすいのです。
着崩れとは言っても普段着とは違って着物にはパターンがあって、してしまうものなのです。着崩れを直せるようになるととても素敵ですね。

左右の半衿の出方が違ったり、着物の衿元が浮いてしまったりして、衿が崩れた場合は、身八口から左手と右手をいれ、左手で下前を、右手で上前の衿を持ち、両方を引きます。
裾が落ちてきてしまったら、腰紐を少しだけ浮かせ、着物を上に引き上げます。
帯が落ちてきた場合は、着物と帯の間にハンカチ等を入れ、帯が落ちてこないようにします。

この3つに気をつけるだけで、着物がみっともないというようなことがなくなるのです。着物を綺麗に見せるための方法は知っておいたほうがいいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る