着物を着る前に知っておくべきこととは

着物を楽しむ前に着物の文化について知ることで、より着物について愛着が持てますのでご紹介いたします。

着物の歴史は1000年にも遡ると言われていますが、もっとも栄えた江戸時代では着物の帯の幅が少しずつ太い物へと変わっていき、着丈は長めに作られていた物が動きやすさを重視する形へと変わっていきました。

もともと富の象徴として着丈が長く作られていましたが、帯のファッション性を追求するようになったのだそうです。

現代になり、着物を着る機会は減っていますが、着物を着ることにより、姿勢が正されて心や健康にも良い影響が得られますし、日本人が本来持っている価値を見極める力や生きる力を改めて手に入れることができるようになりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る