初心者でも分かる本畳みの方法とは

着物と長く付き合うには、着物を適切に保管することが大切ですが、着物の種類によって畳み方が異なりますので、今回は本畳みの方法について紹介いたします。

着物を畳む際には敷物などの上で行い、着物の裏地が見える状態にして、衿付けが自分から見て左側にあるように広げておきましょう。

下前側の脇の縫い目で折り返しておき、肩部分までシワをしっかりと伸ばしたら、おくみ線の所を意識して手前に返しておきましょう。

反対側も同じように脇縫いに沿って折り、おくみ線で返して畳んでおき、衿部分は手前に倒すように折りたたみ、下前と上前を綺麗に重ねるために、下前と上前のおくみ線や衿部分をまず重ねてから折りたたんでいき、袖や裾を綺麗に折り畳んで完了ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る