着物はとってもエコ?大切に着よう

和服はとても興味深く奥深い文化であり、知れば知るほどその魅力に惹き込まれること間違いなしですから、あまり知られていない着物の作りについて紹介いたします。

和服は幅がだいたい38センチで、長さは約120センチの反物から仕立てることにより作られるので、それぞれのパーツごとに長さなどが異なりますが、反物を捨てることなく無駄なく使い縫いこんでいくのです。

もし古い着物をリメイクしたい場合や、他の着物へと仕立て替えしたい場合には、その和服の特製を活かすことにより、様々な部位や小物へと生まれ変わらせることができるのです。

色々な形でも布を最後まで大切に扱うというのは、物を大切にする国民性ならではですし、この考え方はずっと受け継いでいきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る