伝統である着物を知ろう

着物は、日本で古くから親しまれていますが、近年では海外でも注目されているとのことで、ファッションにも取り入れられているのだそうです。

着物にも色々な種類があり、袴は大学の卒業式で女性が着用したり、結婚式で男性が着用しており、小紋は、以前は私服と同じように愛用されていた物であり、現在では外出先に着ていく女性も多いようです。

振袖は、袖が長めに作られていて、成人式などで未婚の女性が着る物であり、浴衣は本来、寝間着や湯上がりに着用する物でしたが、現在では夏のイベントで多く着用されています。

着物は季節ごとに生地の色合いの組み合わせを変えたりして、四季折々の変化を楽しむものですから、日本の文化を守るためにも着方やマナー、ルールを覚えて後世に伝えていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る