着物を着た後にチェックしておくポイント

着物を綺麗に、美しく着こなしていく為に、着用後はしっかりと汚れやシミの有無を確認する事が大切です。
今回は特に注意してみておくべきポイントをいくつかご紹介致します。

まず大前提として着物全体をよく確認する為に、着物をしっかり広げておきましょう。
最初に見るべきポイントは着物の中でも特に汚れやすい裾付近で、裾は最も地面に近いという事もあり、どんなに気を使っていても埃や汚れ、そしてほつれを完璧に回避する事が出来ませんので注意深く確認します。
そして着物のメインでもある上前部分に関しても、特に食べこぼしがないかを中心に汚れを確認していき、万が一汚れや食べこぼしがあった場合は早めにちゃんとしたお手入を行なう事が大切です。
また女性の場合はメイクをする関係上、たった一度の着用でもどうしても襟にファンデーションが移ってしまいます。

どの箇所の汚れもパッと見て分からない程度の物でしたら、すぐにお手入れをする事で簡単に綺麗に出来ますので、仕舞ってしまう前にお手入れをしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る