着物を着た時に守るマナー

洋服を着ているときも時と場合によって様々なマナーがありますが、着物を着た時は更に洋服とは別のマナーも必要となってきます。

着物の立ち振る舞いの基本中の基本は、やはり美しく魅せる為の立ち姿でしょう。
美しい立ち姿を見せる為には、猫背にならないように顎を引いて背筋をピンと伸ばし、胸を張ってお腹を出さないようにします。
そして緊張し過ぎずにリラックスするというのも大きなポイントですので、着慣れない方はどうしても緊張しがちですが、リラックスしていれば、その雰囲気も美しさにプラスされます。

また食事のときのマナーの基本として、遠くのものを取るときは袂を持って取るようにします。
着物を汚さない為にはナプキンを使ったり、食べる時には食べ物を運ぶのではなく、自分から近づいて食べるようにすると汚れにくいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る