着物の着崩れを治す方法

着物を長時間着ていたり、裾を踏んでしまったりすると、せっかく綺麗に着た着物が着崩れしてしまいます。
着物は少し着崩れしてしまっているだけでも大幅に魅力が下がってしまいますので、より着崩れてしまった時は出来るだけ早く直したいものです。
そこで今回は襟元や裾、帯が着崩れしてしまった時の簡単な直し方についてご紹介致します。

まず長襦袢の襟からの見え方が左右それぞれ違ってしまう場合、身八つ口から手を入れて、左手でした前の、右手で上前の衿を持って両手を引くとほぼ自然と整います。
また袖が落ちてきてしまったら、腰紐を少しだけ浮かせて着物を少し上に、裾の先が少し足袋にかかるくらいの長さに引き上げてください。
そして帯が落ちてきてしまったら、着物と帯との間にハンカチ等の布を入れて帯が落ちないようにするだけで、帯の位置もあがり、真っ直ぐに整います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る