貝の口の結び方

男性の帯の結び方の一つ「貝の口」の結び方をご紹介致します。

まず「て」を作るのに肩幅程度の長さを半分に折り、肩幅を過ぎた辺りから自然に元の形に戻るように調整しましょう。
折れている方を下にして左側から計3回巻いたらきっちりと締め、「て」よりも3、4cm長く「たれ」を内側に折り込み、たれが上に来るように1回結んでください。
たれを垂らして位置を調整しながら左に上げたら、間に出来た空間に「て」を差し込んで帯の形を整えながら締めていきます。

後は前後のセンターを持って、浴衣が着崩れないように右に回して完成です。
この時に帯の結び目をきっちりと真ん中に持っていくのではなく、真ん中より少し右になるようにすると、着慣れている感じや頼れる男らしさを感じられるようになって粋な着こなしが出来ますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る